QNAP TS-251+のメモリを8GBへ増設した

QNAP TS-251+のメモリ2GBモデルを購入しましたが、コンテナステーションを使用したり、動画のトランスコードをしたりしていると、とてもメモリが足らないので、8GBへ増設しました。

メモリ増設のポイント

このNASでのメモリ増設のポイントは、次のとおりです。

①SODIMM DDR3Lのメモリを用意する
②同じメモリ2枚を挿入する

①のDDR3Lメモリとは、駆動電圧を通常のDDR3よりも抑える(DDR3は1.5V、DDR3Lは1.35V)ことで、消費電力を抑えることを目的としたメモリです。QNAP TS-x51+シリーズはDDR3Lのみサポートしているため、DDR3メモリは使用できません。

②については、メモリを8GBに増設したい場合、8GB×1本のメモリ構成を思いつくと思いますが、海外フォーラムを見ていると、8GBメモリを認識しない場合があるそうです。公式でも4GB×2本の構成を推奨しています。

増設するメモリ

今回購入したのは、メモリサプライ定番のキングストン(Kingstone) です。モデル名は「KVR16LS11/4」。1枚あたり4GBで、同じメモリを2枚搭載して、計8GBへ増設します。

交換なんて余裕と思っていたのに・・・・

増設なんてPCと一緒で簡単っしょ!よゆーよゆー☆彡となめて掛かったら、意外とハマってしまいました。

正規代理店のマニュアルを見つつ作業したのですが、途中で外すビスが硬くて硬くて・・・ねじ山がナメてしまいました。ねじ山が正確に合うドライバーを厳選する必要があるみたいです。

ドライバーを2本、3本変えつつなんとかビスが取れたので、増設作業は終わりました。システムステータスを確認すると、無事、メモリを認識していました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする