10分でWindows PowerShellの配色とフォントを変更して”使える”ツールに変貌させる

皆さんはWindows PowerShellを使っていますか。

実は、Windows 10 April 2018 Update以降からSSHクライアントが正式にサポートされて、より簡単にインストールできるようになりました。そしてSSHクライアントでリモートログインするにはWindows PowerShellが大活躍する訳ですね。

Windows PowerShellの不満

やっと時代に追いついてきたWindwos PowerShellですが、大きな不満がございます!SSHでラズパイにリモートログインで作業する際の、この悪魔的配色!!

文字が読めないWindows PowerShellの悪魔的配色

紺の背景に青色文字なんて絶対に読めないし、蛍光緑の文字が目に刺さるってチカチカするわ。まだこれぐらいなら気合で読めるのですが、例えばPythonのとあるサンプルスクリプトをVimで開いてみましょう。

文字が読めないWindows PowerShellの配色その2
コメントの青文字が消えた・・・

この配色はまさに狂気の沙汰 !!!

唖然としてそっ閉じしてしまう配色ですね。配色も悪ければフォントも悪い。これでもフォントを18ptに上げているので、実際はもーっと見にくいです。したがって、起動は遅くても程よい配色で表現してくれるVisual Studio Code版のPowerShellに逃げちゃうのです(実際、私もそうでした)。

否!!!

Windows PowerShellだってカスタマイズすれば、十分使えるSSHクライアントになり得るのです。例えばこんな風に、ものの10分程度で。

どうですか、MacのTerminalにも劣らないデザインではないでしょうか?これならリモートでのプログラミングも捗りますね。では早速カスタマイズしていきましょう。

Windows PowerShellの配色を変更する

手作業で色を変えていく訳ではありません。なんとWindowsコンソールのエンジニアリングチームが作成した”非公式”の配色変更ツール「Color Tool」があるのです。さっそくGitHubよりzipファイルをダウンロードします。

Windowsコンソールのエンジニアリングチームが作成した”非公式”のColor Toolをダウンロード

ダウンロードしたColorTool.zipを適当なところ(今回はデスクトップ上)に解凍します。そしてWindwos PowerShell(もちろんx86ではないほうで)を立ち上げ、解凍したColorToolのディレクトリへ移動します。

Windows PowerShellでダウンロードしたColor Toolフォルダに移動する

ColorToolの実行ファイルがあるので、-sオプションをつけて実行すると、カスタマイズ可能な配色一覧が表示されます。

> ColorTool.exe -s
Color Toolで設定できる配色一覧を確認

左に表示されている「campbell-legacy」や「OneHalfDark」といった名前が配色のテーマ名です。ちなみに以下のオプションが利用できます。

オプション一覧:
-?, –help : Display this help message
-c, –current : Print the color table for the currently applied scheme
-q, –quiet : Don’t print the color table after applying
-d, –defaults : Apply the scheme to only the defaults in the registry
-b, –both : Apply the scheme to both the current console and the defaults.
-s, –schemes : Display all available schemes
-v, –version : Display the version number

https://github.com/Microsoft/Console/tree/master/tools/ColorTool

-bdのオプションをつけて、その後に続けてテーマ名を指定すれば、配色を変更できそうです。試しに、OneHalfLight のテーマを反映させてみましょう。次のコマンドを入力してください。

> ColorTool.exe -b OneHalfLight
Color ToolのOneHalfLightを反映した例

テーマが変更されて、カラフルな表が表示されます。表の見方は次のとおりです。
・文字色は表示されている通りになる(左から右まで全て同じ文字色)
・背景色が左:40m から 右:47mまで8色あるので、好きな色をPowerShellのプロパティで選択する(デフォルトでは47mの背景色となる)

いろいろなテーマを試した結果、「Solarized_light」が気に入ったので、こちらに変更しました。

Color Toolのsolarized_lightを反映した例

さて、ColorToolの-b オプションを信じれば、次回からもデフォルトとしてこの配色でPowerShellが立ち上がってくるようなので、一度PowerShellを閉じて、再度立ち上げてみましょう。

Windows PowerShellを再度立ち上げると、なぜか配色が元に戻っている
Windows PowerShellを再度立ち上げると、なぜか配色が元に戻ってしまう

なんでやねん!元に戻ってもうてる。いろいろ試行錯誤した結果、次のようにすれば変更できることが分かりました。

まず、先ほどと同じコマンド ColorTool.exe -b [テーマ名]で、テーマ配色を適用した後、PowerShell上で右クリックして、プロパティを開きます。

Windows PowerShellのプロパティを開く

プロパティ上の「色の値」が初期の悪魔的配色から変わっていないので、下図のようにテーマの配色を反映させていきます。

Windows PowerShellで画面の色変更を反映させる

もう一度、PowerShellを再立ち上げしてみてください。デフォルトの配色がテーマのものに変更できたのではないでしょうか?ちょっとsolarized_lightの背景が黄色がかっていたので、白寄りにしてみました。

solarized_lightの背景を白寄りに変えたところ

上の図は、SSHでラズパイ上のPythonスクリプトをVimで開いたところですが、いい感じですね!ちなみに画面の背景色の値を「赤:248,緑:246,青;241」に変えています。

solarized_lightの背景を白寄りに変える

これで配色は改善されましたが、フォントが細くで読みづらいですね。これも変更してしまいましょう。

Windows PowerShellのフォントを変更する

今回は、オープンフォントライセンスとして公開されているプログラミング用フォント Myrica(ミリカ) を適用します。Myricaは、プログラミング用に作られたTrueTypeフォントで、視認性、判別性が高くなるように、複数のフォントファイルを元に合成/修正されたものです。 次のURLよりダウンロードできます。

Windows PowerShellに使えるフォント/MyricaMをダウンロードする

解凍して作成されたフォルダ内に「MyricaM.TTC」というフォントファイルがあるので、右クリックしてインストールします。

Windows PowerShellに使えるフォント/MyricaMをインストールする

あとはPowerShellのプロパティから、フォントの項目で先ほどインストールした「MyricaM M」を選択するだけです。

Windows PowerShellにMyricaMを反映

すると、じゃーーーーん!!

MylicaM反映後

とても見やすい。これならフォントサイズを下げても十分な視認性はありそうです。試しに16ptにしてみたのが下の図です。

MylicaMはフォントサイズを下げても十分見やすい

十分読めますね、この表示であればコンソールとして満足です。

以上で、フォント変更は終了です。他にも好きなフォントをインストールすれば、PowerShellに反映可能なので、自分好みにカスタマイズして、快適なPowerShellライフを送ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました