フリーでも使えるWebチャート「amCharts」がベンチマークグラフ描写に最適だった

amChartsのアイキャッチ画像

グラフをWebで綺麗に見せたい

現代では、如何なるものも「映え」なければ、すぐ飽きられて捨てられてしまう。パソコンやスマホでのベンチマーク結果のグラフだって映えさせたい。わかる、とってもわかる。

だがしかし、Excelでベンチマークグラフを作ったときに、このような壁に当たったことはないだろうか。

Excelで作るベンチマークグラフの壁(欠点)
  • 映えない
    いかにもExcel感が出てしまう。一言でダサい
  • Webに向かない
    Excelグラフの画像貼付は、レスポンシブ時に文字が滲む
    文字や数字をマウスオーバーで選択できない
  • 作成が大変
    デザインを凝るとグラフ作成に時間がかかるし、流用しづらい

例えば、Excelで作成したベンチマークグラフの代表例は以下のものだ。

Excelを用いて秒で作成したベンチマークグラフ

グラフとしてはシンプルで悪くはない。ただ、シンプルすぎて情報が伝わってこない。秒で作成したグラフは秒で素通りされるものだ。ベンチマークを取得した側の苦労が全く伝わらない。

もう少し粘って上のグラフをよく見てみよう。

一目で「Ryzen7 2700Xのマルチスレッド性能がとても良い」という情報は伝わるが、具体的なベンチマークの値が不明だし、グラフ中に無駄にスペースが多すぎる。

グラフが画像なので、レスポンシブによる自動縮小でPNG画像でも輪郭がぼやけてしまう。目の焦点がズレたかと思うくらい気持ち悪くなる。とってもイケていない。

結果、映えないので、挙句の果てにはグラフに添える「すごい」文章力で、Ryzen7のパフォーマンスの良さを伝える必要が出てくる。本当はグラフの中にこそ、その凄さが詰まっているのに。

Webでグラフ描写する「amCharts」の良さ

グラフをそのままWeb上で描写してしまえば、Excelグラフ貼り付けの刑を回避できる。

世の中にはグラフをWeb上で描写できるサービスが複数存在する。その中でも一番のオススメは「amCharts」だ。

百聞は一見にしかず、amChartsで作成した下のグラフを見て欲しい。

エクセルを貼り付けたグラフとは「美しさ」も「情報の豊富さ」も雲泥の差ではないだろうか。

当然、レスポンシブに対応しているので、スマホでも同じ見栄えとなる。

Web上でグラフを描写するサービスは複数あるが、今回、amChartsを推薦した理由を紹介したい。

amChartsの特徴
  • 映えるグラフを簡単作成
    ライブエディターを利用して、初心者でもグラフ作成ができる
  • 使いまわしができる
    ID登録(無料)すれば、一度作成したグラフを保存したり再利用ができる
  • 無料でも使える
    小さなクレジットリンク(左上)を掲載すれば無料で使える

Webで描写可能なグラフサービスをいろいろと探してみたものの、無料で完成度の高いグラフを描写できるのは、amChartsがトップクラスだ。

※有料プランであればクレジットを消すことができるし、今どき珍しい買い切りライセンスだ。

amChartsは何よりも、Web上でグラフを編集できる「ライブエディター」の作り込みがピカイチだ。

amChartsのライブエディターは英語オンリーだが、英語が読めなくてもそれらしい項目をクリックすれば、すぐにグラフに反映され、どのように描写が変化するか一目でわかる。

amChartsのライブエディターでの編集の様子
amChartsライブエディターの画面。それらしい項目を編集するとリアルタイムにグラフに反映される

他のWebチャートツールのライブエディターは、好きな場所にテキストを置けないなど、痒いところに手が届かないものが多かった。しかし、amChartsなら殆どの編集項目がライブエディター上で実際のグラフを見ながら編集できる。

Webサイトへの適用方法

amChartsのライブエディターでグラフを作成した後、自分のWebサイトへグラフを掲載する方法を紹介する。amChartsは、ほんの少しだけWebの知識があれば、簡単に掲載可能だ。

ライブエディター内にある「Save HTML」をクリックすると、以下のようなHTMLが画面上に出力される。

これをHTMLファイルとして、Webサーバーにアップロードすればそのままグラフを描写可能だが、Wordpressに載せる場合はひと工夫必要だ。

<html>

<head>
    <title>chart created with amCharts | amCharts</title>
    <meta name="description" content="chart created using amCharts live editor" />

    <!-- STEP1 以下の2行をヘッダーに追加する -->
    <script type="text/javascript" src="https://www.amcharts.com/lib/3/amcharts.js"></script>
    <script type="text/javascript" src="https://www.amcharts.com/lib/3/serial.js"></script>

    <!-- STEP2 以下のコードをカスタムJavascriptに追加する -->
    <script type="text/javascript">
        AmCharts.makeChart("chartdiv",
            {
                "type": "serial",
                "categoryField": "category",
                "rotate": true,
                "startDuration": 1,
                "categoryAxis": {
                    "gridPosition": "start"
                },
                "trendLines": [],
                "graphs": [
                    {
                        "balloonText": "[[title]] of [category]:[value]",
                        "fillAlphas": 1,
                        "id": "AmGraph-1",
                        "title": "graph 1",
                        "type": "column",
                        "valueField": "column-1"
                    }
                ],
                "guides": [],
                "valueAxes": [
                    {
                        "id": "ValueAxis-1",
                        "title": ""
                    }
                ],
                "allLabels": [],
                "balloon": {},
                "legend": {
                    "enabled": true,
                    "useGraphSettings": true
                },
                "titles": [
                    {
                        "id": "Title-1",
                        "size": 15,
                        "text": "Chart Title"
                    }
                ],
                "dataProvider": [
                    {
                        "category": "category 1",
                        "column-1": 8
                    },
                    {
                        "category": "category 2",
                        "column-1": 6
                    }
                ]
            }
        );
    </script>
    <!-- STEP2 ここまで -->
</head>

<body>
    <!--STEP3 以下の1行をカスタムHTMLで記事内に追加する-->
    <div id="chartdiv" style="width: 100%; height: 400px; background-color: #FFFFFF;"></div>
</body>

</html>

上記ソースコード内に記した、STEP1~3のコメントの通りに、WordPressの投稿記事へコードを追加すればOKだ。

WordPressの場合は、Cocoonテーマや「Simple Custom CSS and JS」プラグインを使うとこれらの作業は一瞬で完了する。

CocoonテーマへのamCharts適用例

Cocoonテーマの場合、投稿画面の下部に「カスタムJavascript」と「カスタムフィールド」が自動追加される。

STEP1

ヘッダー部へのスクリプト追加は、以下のように「head_custom」というカスタムフィールドを追加し、値にSTEP1の2行を指定すれば良い。

カスタムフィールド「head_custom」を追加する

STEP2

Javascriptのコードを、投稿画面に設けられた「カスタムJavascript」へ転記する。

カスタムJavascriptのフォームでは <script type=”text/javascript>~</script> の記載は不要なので、AmCharts.makeChart(“chartdiv”, から書き出せばよい。

カスタムJavascriptへのコード転記

STEP3

最後に、1行のHTMLを「カスタムHTML」で記事中に追加する。”height”はグラフサイズに応じて適宜変更すると良い。

これで、Web記事の好きな場所にamChartsで作成したグラフを描写できる。

1つの記事に複数のグラフを描写したい場合

前項で説明した要領で、グラフを複数描写させようとすると、1つの記事に単独のグラフしか描写できないはずだ。

1つの投稿記事で複数のグラフを描写したい場合、次の方法を取る。

まず、STEP2のカスタムJavascriptの関数呼び出しを無名関数とし、グラフ名”chartdiv”を他のグラフと重複しないようにする。下記の例ではchartdiv1, chartdiv2とした

▼カスタムJavascriptの変更後
var Chart1 = AmCharts.makeChart(“chartdiv1“,
{
“type”: “serial”,
“categoryField”: “category”,
“rotate”: true, ~略
}
var Chart2 = AmCharts.makeChart(“chartdiv2“,
{
“type”: “serial”,
“categoryField”: “category”,
“rotate”: true, ~略
}

STEP3のカスタムHTMLに記載するグラフidを、上記で変更したグラフ名にする

▼カスタムHTMLを以下のように変更
<div id=”chartdiv1” ~></div> ← 1つ目のグラフ描写
<div id=”chartdiv2” ~></div> ← 2つ目のグラフ描写

これで、amChartsで作成した複数のグラフを1つの記事に描写できる。

さらにパワフルになった amCharts 4

実は、これまで紹介したライブエディターを使ったグラフ作成は、旧バージョンであるamCharts 3のライブラリを用いたものである。

現行バージョンはamCharts 4となっており、数々のアップデートがなされている。

残念ながら、親しみやすいライブエディターで作成可能なamCharts 3 によるグラフのサポートは2020年までのようだ。

amCharts 4でのグラフ作成方法の紹介は、また次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です