レビュー | Bluetoothも使えるTP-LinkのWi-Fi 6 アダプター TX3000E

自作PCでBluetoothのイヤホンを使いたい!という理由から、回り回ってPCI-Express 接続のWi-Fi 6アダプタ TP-Link Archer TX3000Eを購入してしまった。

というのも、このWi-FiアダプタはBluetooth 5.0にも対応しているからだ。どうせBluetoothのUSBアダプタを購入するくらいなら、あと4,000円出して最新のWi-Fi 6(IEEE802.11ax)にも対応させてしまおう、という安易な考えで購入に至った。

先に伝えておくと、Wi-Fi 6対応の無線LANルーターを持っていないので、Wi-Fi 6に関する評価はしたくてもできない状況だ。

このレビューでは、Wi-Fiアダプタの全容紹介とWi-Fi 5(IEEE802.11ac)で接続した際のスループットについて比較する。

TP-Link
WiFi 6 ワイヤレス アダプター Archer TX3000e
Amazon
Rakuten
Sponsored Link

はじめに

この製品にはIntel製の「AX200」という無線LANモジュールが使われている。AX200はWi-Fi 6 + Bluetooth 5.0 の機能が組み合わさったM.2接続タイプの製品だ。

このモジュール自体は2,000円以下と非常に安価で、Wi-Fi 6を利用可能な無線LAN製品の定番になっている。

Intel製 AX200モジュール
Intel AX200 ワイヤレスカード 出典:Amazon.co.jp

AmazonでM.2タイプのモジュールが単体で販売されているので、マザーボードのM.2スロットが余っていれば、このモジュールと外部アンテナを購入することで、3,000円強でWi-Fi 6対応のPCに仕立てることができる。

上記の方法で安く仕上げることも考えたが、やっかいなのが外部アンテナだ。マザーボード上のモジュールから外部へアンテナ線を延長するのはメンテナンスが面倒だし、アンテナの置き場も困る。

懸念点を考慮すると、PCIスロットを境にアンテナを切り離せてマグネット付きのアンテナ土台が付属するTP-Link製のTX3000Eは魅力的だった。

購入時の価格は5,400円程度であり、これらのメリットを考えると高すぎる代物ではないと考えた。

TP-Link Archer TX3000Eの外観

TP-Link Archer TX3000eの同梱物
最大の特徴はWi-Fi 6とBluetooth 5.0 対応の点と、マグネット付きのアンテナ土台が付属する点

TP-Linkによってパッケージングされた製品ということもあり、綺麗に収まっている。

Intel製のWi-Fi 6 モジュール「AX200」は動作温度が最大80℃に設計されている。ヒートシンクなしでも問題なく使用可能だと思われるが、このTX3000Eは安定動作の配慮のためか赤色のヒートシンクが付属する。

写真にはないが、製品にはCD-ROM(久しぶりに見た!)のWi-FiおよびBluetoothドライバも付属する。

私の環境では、ただ単にPCI-Eスロットにアダプタを挿入するだけではWi-Fi側は使用不可だった。きちんとドライバを入れてあげないと認識されないので、有線LANかUSBメモリ等でドライバをPCへ入れる方法を考えておく必要がある。

TP-Link Archer TX3000eの製品裏面
TP-Link Archer TX3000E の製品裏面

製品の裏面は非常にシンプル。シールが曲がって貼付されているが許容範囲かな。もちろん技適のマークもある。

TP-Link Archer TX3000eの接続イメージ
TP-Link Archer TX3000Eの全容。右側のコネクタはマザーボードのUSB 2.0ヘッダーに接続する

接続するイメージで製品を置いてみた。アンテナの同軸ケーブルは1mあるので、余裕を持ってアンテナを設置できる。

右側に写っているコネクタケーブルはアダプタ本体とマザーボード上のUSB 2.0ヘッダーを接続するもの。メーカーによるとBluetooth接続用とのこと。

Wi-Fiアダプタの取り付け

Wi-Fiアダプタの取り付けはたった3分で完了。

TP-Link Archer TX3000をPCに取り付けている様子
Wi-FiアダプタをPCI-Eスロットに挿入 & USB2.0ヘッダーにケーブルを挿入

広くスペースが空いていたグラフィックカードの下段に設置した。付属のアンテナケーブルが1mあるので、どのPCI-Eスロットへ設置しようと困ることはないだろう。

付属のコネクタケーブルをUSB2.0ヘッダーに接続することをお忘れなく。忘れてしまうとBluetoothが利用不可となるはずだ。

TP-Link Archer TX3000eをPCに設置した様子
TP-Link Archer TX3000EをPCに設置した様子

フルタワーのPCケースを使用しているが、それでもアンテナケーブルに相当な余長が出てしまったので捕縛している。

アンテナ土台はマグネット付きで、強度もちょうど良い感じで張り付く。ただし土台が大きいので、背面への土台設置はすこし野暮ったい。

TP-Link Archer TX3000eの付属アンテナ
付属アンテナの様子。90度に曲がってくれない

気になるのが付属アンテナの角度だ。90度に曲がらず、100度くらいで固定されてしまう。したがって、写真のように土台をケース背面に設置した場合、水平方向に対してベストな状態で電波を送受できない。

アンテナ感度への影響は軽微だと思われるが、中途半端な角度のアンテナが目に入るのは気がかりなので、写真の「背面アンテナ設置」は諦めることにした。

TP-Link Archer TX3000eのアンテナ
アンテナをケース天板に設置した様子。実際は排気ファンと被らないよう、もう少し隅に置いた

ケースの背面が駄目なら、アンテナ置き場は天板しか残っていない。

天板には排気ファンがあることと、そこそこ太いアンテナが目立ってしまい、イケているとは言えない。アンテナ土台は高級感があって良いのだけど、もうワンサイズ小さいと良かった。

この状態でアンテナを設置し、後で紹介するスループットの測定を行っている。

ドライバーインストールから認識まで

TP-Linkの製品サポートからWi-FiとBluetoothのドライバーをダウンロードして、インストールするだけだ。

Bluetoothはドライバーをインストールしなくても利用可能であったが、公式のドライバーをインストールしたほうが無難だろう。

さて、この製品は「Archer TX3000E」と銘打っているものの、中身はIntel AX200モジュールそのものだ。IntelもAX200のドライバーを公開しており、こちらの方が最新版のドライバーがダウンロードできる。

もちろん、メーカーであるTP-Linkの公式ドライバーではないため、不具合があっても自己責任となる。参考にそれぞれのメーカーサポートからダウンロードした際のドライバーバージョンを記載しておく(2020年5月時点)。

TP-Link サポートIntel サポート
Wi-Fi 6 ドライバー Ver21.80.2.121.90.3
Bluetooth ドライバー Ver21.60.0.421.90.2

Bluetoothアダプタ

Intel サポートからダウンロードしたBluetoothドライバーをインストールすると、TP-Link純正のドライバーよりもBluetoothのバージョンを1つ上げることができる。具体的にはBluetooth 5.0 から 5.1にランクアップするのだが、5.1自体はビーコンなどのBluetoothデバイス位置検知の仕様追加くらいだ。

対応デバイスがまず無いので、5.1にしたところで恩恵を受ける人は殆どいないだろう。

TX3000Eの純正ドライバーをインストールした場合
TP-Linkのドライバーをインストールした場合のBluetooth バージョン
Intelのドライバーをインストールした場合
IntelのAX200ドライバーをインストールした際のBluetooth バージョン

Wi-Fi アダプタ

Wi-Fiドライバーをインストールした後は、ノートPCでもお馴染みの方法で接続する。特段困ることはない。

自宅のネットワーク構成で最大速度が出せるWi-Fi 5(IEEE802.11ac)の5GHz帯で無線LANルーターと接続した。リンク速度は866.7 MHzと表示されたが、電波状態による変動が激しい。

Wi-Fi 5でルーターと接続した際のプロパティ
Wi-Fi 5でルーターと接続した際のプロパティ

スループット実測

TX3000e スループット試験の状況
TX3000Eのスループット実測環境

自宅のネットワーク環境で有線LAN(1000BASE-T)と、購入した無線LANアダプタTX3000E(Wi-Fi 5 / 802.11ac)のスループット比較を行った。無線LANルーターとPCの距離は約5mで壁一枚挟んでいる。

前書きでも述べたが、私はWi-Fi 6対応の無線LANルーターを持っていないので、Wi-Fi 5による比較となる。

正直なところ、Wi-Fi 6 対応のルーターも購入したいと何度も迷ったことがある。しかし、絶対に欲しい機能である「IPoE」と「Wi-Fi 6」に両方対応した無線LANルーターは製品自体が少なく、時期尚早だと判断した。手頃なルーターが出てきた暁にはぜひ購入し、Wi-Fi 6で比較したい。

測定1. LANのスループット

無線LANルーターと有線LAN(1000BASE-T)で接続されたNASへのアクセス速度を、CrystalDiskMarkで測定した。

LANスループット測定の結果(有線LAN)
NASを用いたLANスループット測定の結果(有線LAN)
LANスループット測定の結果(無線LAN)
NASを用いたLANスループット測定の結果(無線LAN)

有線LANの場合は、連続アクセス(SEQ1M)で116.81 MB/s = 935 Mbps でNASでアクセスできており、1000BASE-Tの理論値(1 Gbps)に近い速度が出ている。

一方、無線LANの場合は連続アクセスで38.80 MB/s = 310 Mbps と保有しているWi-Fiルーターの理論値(Wi-Fi 5 / 1300 Mbps)には程遠い。

無線LANで300 Mbps以上もスループットが出るのであれば、インターネットの普段利用であれば不満なく使える。しかし、私はNASによくアクセスするので、300 Mbpsでは遅すぎると感じてしまう。

有線LANを無線に置き換えるのであれば、Wi-Fi 6 接続が必須という微妙な感じになってしまった。

測定2. インターネットのスループット

インターネット側のスループットを SpeedTest by Ookla で測定した。

TX3000e SpeedTest(有線LAN)
TX3000e SpeedTest(無線LAN)

LAN内のスループット測定時には無線LANでも300 Mbps以上出ていたので、インターネット接続時にWi-Fiがボトルネックになることはないだろうと考えていたが、結果は違った。

無線LANの方がPING応答に遅延が生じ、下り・上りともに速度低下の傾向が見られた。特に無線LANの方は何度も測定してみたが、結果が大きく変わることはなかった。

まとめ

Wi-Fi 6の測定ができないので、スループットの評価は置いておくとして、Wi-Fi + Bluetoothモジュールとしての出来は満足のいく製品であった。

スループット測定の結果から感じたのは、Wi-Fi 6に過度な期待をしてしまうことだ。

自宅でNASを利用している身としては、Wi-Fi 5の性能では満足できない。多少、苦労やお金がかかったとしても、LANケーブルを張ってしまう。

もちろん、スマホやノートPCではWi-Fiを使用しているが、改めてスループットを測定してみるとWi-Fiはまだ発展途上だな、と感じる。そういう観点からも、Wi-Fi 6に期待しているし、今でもたった数千円でWi-Fi 6のモジュールが購入できるのだから、普及までに時間はかからないだろう。

あー、早くWi-Fi 6対応の手頃な無線LANルーターが出ないかなぁと待ちわびる日々が続きそうだ。

TP-Link
WiFi 6 ワイヤレス アダプター Archer TX3000e
Amazon
Rakuten

コメント