PowerShellでSSHクライアントを使う(Windows 10ネイティブ版)

Windows 10 の初期を久しぶりにしたところ、PowerShell上で動くSSHがワンクリックでインストール出来るようになっていました。2018年4月のアップデートでネイティブ対応したとのこと!

前々からGitHub上にSSHクライアントのBeta版が出ていたのは当ブログで紹介していたのですが、実行ポリシーを変えたり、パスを通したりするのが面倒だったんですよね。

もうこれでTeratermやら PuTTY をインストールする必要がなくなりますね。ますますVisual Studio Codeでの開発が捗ります。

SSHクライアントのインストール

PowerShell(x86の方では駄目ですよ!)を開いて、念のためSSHクライアントがないことを確認しましょう。sshコマンドを入力して、下の図のようにエラーが表示されれば、間違いなく入っていません。

OpenSSHが使えないことを確認

ちなみに上の図のPowerShellは配色をデフォルトから変更しています。気になる方はこちらの記事をご参考ください。


では、インストール方法を。

デスクトップ上でWinキーを押して「オプション」とキーボードで入力します。下の図のように、検索結果に「オプション機能の管理」が表示されるので、これを選択します。

オプション機能の管理を開く

オプション機能の管理が開くので、「機能の追加」を選択します。

機能の追加を選択

追加可能なオプション機能一覧が表示されます。この中にOpenSSHクライアントがありますので、インストールを選択します。

OpenSSHクライアントを選択しインストールする

SSHコマンドでローカルホストにログイン

OpenSSHクライアントのインストール完了後、PowerShellを再立ち上げし、sshコマンド を入力します。今度はエラー文ではなく、使えそうなメッセージが表示されますね。ssh -Vコマンドではクライアントのバージョンが確認できます。

PowerShellでSSHコマンドが使える

リモートログインの方法はLinuxと同じ
> ssh [ホスト名]@[IPアドレス]
です。

IPアドレスが”192.168.0.6″のRaspberry PiにSSH接続した様子です。楽チンです。これでWindowsパソコンでもSSHでのリモートログインに困ることはなくなりますね。

PowerShellによるSSHの様子

SFTPも使えます

インストールしたOpenSSHクライアントにはSFTPの機能も実装されています。使い方はLinuxと同じ
> sftp [ホスト名]@[IPアドレス]
です。

余談

SSHの際にいちいちIPアドレスを入力するのは面倒ですね。PowerShellでもLinuxと同じようにエイリアスが使えます。詳しくは次の記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました